お知らせ一覧

2019/08/10

インソール作製(ガニ股)

fullsizeoutput_85.jpeg

インソール作製例です。

本日は60代男性の方で、ガニ股歩きをされており、靴の減り方が人と変わっているのではないかとお悩みを抱えておられました。

見させていただいた所、確かにガニ股でお腹を前にせり出すような姿勢を取られていました。

 

ガニ股の方は足先が外に向いている為、体重が外側にかかりやすく、靴底も外側がすり減りやすいです。

また、足関節の向きが外側になる為、前に進もうとした際に足首を少し捻るような歩き方をされる為、扁平足のような足のトラブルにもつながりやすいです。

この方も実際、左足にその傾向が強く、靴底も左足が特に外側がすり減りやすい傾向があり、そのような訴えも聞かれました。

 

今回のインソールでは、まずカカトが地面に着いた時に足が外側に倒れやすい傾向があった為、両足とも黒色のパッドを入れました。

 

次に、青色のパッドで外側が倒れないように青色三角を追加。左足の方がガニ股の傾向が強かった為、大きめのものにしています。

 

さらに足先に体重がかかる時に、足首が内側に捻れて、足の親指側がつぶれるようになっていた為、赤いと三角を追加しています。

 

最後は指が使えるように黄色、紫のパッドを追加して完成です。

 

今回も動画をInstagramに載せていますので、こちらをクリックしてご覧ください。