お知らせ一覧

2019/07/02

インソール作製(カカトが痛い)

48B355DE-30FB-4E86-A67D-F384A9648E93.jpeg

インソールの作製例です。

今回で当店のインソール2足目のリピーターの方のインソールです。前回のインソールで痛みがなくなり、他の靴にも入れて欲しいと要望があり、作成致しました。

この方は歩くと右のカカトに痛みがありました。カカトといっても足裏で、カカトの骨のつま先側でした。ここの痛みがある方は多いんじゃないでしょうか?これは放っておくと足底腱膜症や踵骨棘症候群といった余分な骨ができてしまうことにつながるかもしれません。注意してください。

インソール自体ですが、この方は両足とも外側に倒れる傾向があり、特に小指側の筋肉が使えていない状態でした。カカトが着いた瞬間から足が外側に倒れて、指の力がグッと入り過ぎてしまい、痛みに繋がっていと思います。まずはカカトがついた瞬間に外側へ倒れないようパッドを追加。これだけで痛みはほとんど改善されました。次に両足とも親指の筋肉が使えていない状態でした。外反母趾傾向ではなかったのですが、予防目的含めて親指側にもパッドを追加。これで強く蹴れるようになったと話されていました。この方のインソールは左右差があまりない感じで仕上がりました。